わくわく題詠鳩の会

◆ 鳩の会について ◆

・芭蕉会議の公式句会です。
・会員ならどなたでも参加できます。
・目的は佳句・悪句の判断力の涵養です。
・奇数月の月末〆切で兼題(二題)が出題されます。兼題一覧と解説を参照してください。会報も御覧ください。
・一題を選び、一句投句してください。
鳩の会への投稿メールアドレスは入会時および芭蕉会議メールにてお送りいたします。

◆ 兼題
※ 兼題は二題、内一題を選び1句を投句して下さい。
2022年5月末日〆切 夏の海・牡丹 兼題解説
2022年7月末日〆切 御祓(みそぎ)・蝉 兼題解説
2022年9月末日〆切 朝顔・月 兼題解説
2022年11月末日〆切 小春・枯野 兼題解説
2023年1月末日〆切 寒・葱 兼題解説
2023年3月末日〆切 陽炎・白魚 兼題解説

鳩の会会報112(令和4年11月末締切分)
兼題 小春・枯野
【Advice】いろいろ手を尽くしているのですが、坐骨神経痛はおさまらず、小刻みに時間を捻出して、順序よく仕事を片付けていましたら、遅くなってしまいました。申しわけありません。肉体の不調は頭脳の不調までもたらすというのが実感です。
 句はABC三つの符合で評価しています。その意味するところは以下の通りです。
A:省略が利いて、抒情あきらかな句
B:季感が備わるスケッチ
C:焦点定まらぬつぶやき
A 新嫁の手土産にわく小春かな     エール
・嫁も優しい、迎える親も優しい。そして「小春」はさらに優しい。
A 伸びた枝ぱちんと落とす小春の日     紅舟
・小春日和の心地よさが「伸びた枝」を発見させてくれた。
A 無事の報ただ幸せな小春かな     美知子
・素直さが心地よい句。「無沙汰は無事の便り」というが、の怪我・病気・故障もなく過ごすことのありがたきこと。
A 小春日の部屋ゆつくりとストレッチ     由美
・外に出るのはやや不安な日もある。部屋の中は更に小春らしいにちがいない。
A 小春日のみんな仲良きドッグラン     海星
・ふさわしい場所を与えられるとこんな景色に出逢えるのだね。
A 老猫を窓辺に誘ふ小春かな     馨子
・優しさも、淋しさもほどほどにある暮らし。これを充実というのかもしれぬ。
A 異国艦来し立待の小春凪          憲
・恐そうな異国船が「小春凪」で優しい絵柄になってみえる。蕪村の物語ふうな句を思わせる。歴史の残りそうな点がおもしろい。
A 小春空猿は素知らぬ貌をして     ひろし
・猿も心地よい気候を独り占めしたいのだろう。
A 小春日の強き握手やエアポート      真美
・「エアポート」は硝子張りの箇所が多いから「小春日」でいいのだろうな。「強き握手」は若々しく新鮮な表現で、さまざまな感傷を想像させる。
A おにぎりを割ればめんたい小春空     つゆ草
・イイ句だなあ。「小春」が利いている。「めんたい」が好きであることが伝わる。
A まばたきに雲打ち替はる小春風      香粒
・「打ち替はる」とはなんとも美しい日本語。秋の空の真実をとらえるばかりか、人生の一瞬をも描いているようにみえる。
B 佳き人に行き逢ふ予感小六月     喜美子
・「小六月」をこんなふうに優しく詠む若々しさが憎い。
B 青空に教会そびえ小春かな     京子
・「青空」と「小春」が打ち消しあってモッタイナイ気がする。
B 団十郎小春の空をひと睨み     ひぐらし
・「睨み」に「小春の空」が利いていない。
B 物干しのタオルが揺らぐ小春かな      ちちろ
・「小春」には「揺らぐ」でないほうがよい。
B 小春日に健やかなれと接種券       和子
・「接種券」は疫病下の今だからわかるが、長く読者を得られるかはあやしい。
************************************************************************************************************
B 紫紺めく枯野の枝と頭蓋骨     慧明
・散文にしてみると、〈暗い紫色に包まれた枯野の木々。その一本の枝に頭蓋骨が掛かっていることだ〉となる。これと作者の意図が違う場合、その理由は何かを考えてみよう。俳句という文化と日本語を楽しむために。
B 夕陽へと向かふ道ある枯野かな     鹿鳴
・「夕陽」と「枯野」が何かを寓しているように読めるが、読者としてはそれが謎。少し不安になる。
B パスワード打ちて枯野に分け入りて     梨花
・「枯野」が比喩になっているようで、やや抽象的か。
B 亡き人の声を励みの大枯野     千年
・「励み」にして何をしている様子か。この点やや抽象的。
B 夜間飛行の枯野の端をわたりけり     貴美
・結びを「夜間飛行かな」とする工夫が欲しい。
◆ 兼題バックナンバー
2019年1月 ~ 2022年3月 バックナンバー 鳩ノ会の歴史
2006年7月 ~ 2018年12月 バックナンバー
◆ 会報バックナンバー


このサイトについてサイトポリシー