わくわく題詠鳩の会

◆ 鳩の会について ◆

・芭蕉会議の公式句会です。
・会員ならどなたでも参加できます。
・目的は佳句・悪句の判断力の涵養です。
・奇数月の月末〆切で兼題(二題)が出題されます。兼題一覧と解説を参照してください。会報も御覧ください。
・一題を選び、一句投句してください。
鳩の会への投稿メールアドレスは入会時および芭蕉会議メールにてお送りいたします。

◆ 兼題
※ 兼題は二題、内一題を選び1句を投句して下さい。
2021年5月末日〆切 萍(うきくさ)・父の日 兼題解説
2021年7月末日〆切 蝸牛・青林檎 兼題解説
2021年9月末日〆切 三日月・落花生 兼題解説
2021年11月末日〆切 梟・ボーナス 兼題解説
2022年1月末日〆切 氷柱・金目鯛 兼題解説
2022年3月末日〆切 百千鳥・遠足 兼題解説

鳩の会会報102(令和3年3月末締切分)
兼題 蕨・残雪
【Advice】「わくわく題詠鳩の会」下段の「鳩ノ会の歴史」を見ると、「自分の俳句の良し悪しを(自分で)判断する力を養うことを目的とする題詠句会」とある。繰り返しになりますが、そのためには自分の句に与えられた評よりも、他者の句に添えられた評が勉強になるかも。「世の中捨てたものじゃない」という作者の思いが伝われば高評価しているつもり。いま、生きて、共にここにあることを喜ぼうではありませんか。
 句の評価にABC三つの符合を用いています。その意味するところは以下の通りです。
A:省略が利いて、抒情あきらかな句
B:季感が備わるスケッチ
C:焦点定まらぬつぶやき
A 早蕨や昔牧場なりし山             鹿鳴
・旧事追懐。春の到来に陰影を添えて優し。
A 門前の店はひつそり干蕨             貴美
・静けさと干し蕨が似合う。
A わらびなど摘みにゆきたし日和下駄      笙
・よい天気にはく「日和下駄」がまことに効果的。
A 早蕨や生家の祖母は名産婆        つゆ草
・「早蕨」と助産師との取合せはあやうい気もするが面白い。
A 採れすぎた蕨は店の自販機へ         和子
・ありそうな日常で面白い。
A 人還る土の色かも干蕨             千年
・実感が備わる句。泣き言になっていない点もよい。
A 早蕨やふと立ち寄つた道の駅        エール
・春の到来の実感。「ふと立ち寄つた」がうまい。
B ボタ山の脇にも萌ゆる蕨かな         窓花
・「脇にも」の「も」がなければ、鹿鳴氏の「早蕨や昔牧場なりし山」に匹敵する佳句だが残念。
B 丹沢の早蕨うれしお裾分け         瑛子
・お裾分けしたのか、されたのか。
B  早蕨やよきへだたりに山ふたつ        ひろし
・「よきへだたり」が漠然としている。
B 早蕨に拳並べて天を突く            喜美子
・「早蕨の」「早蕨は」「早蕨や」のいずれかであって、「早蕨に」ではない気がする。
B わらび採りぽきりと折れしところよし     美雪
・心地よさを詠んだのだろう。「ところ」でなく「音」とする手もある。
B 生き生きと話題は蕨語る母         京子
・「生き生きと」とあれば「語る」は要らないのだが。
B 幼な子の手に早蕨のうぶ毛映ゆ        由紀雄
・なぜ「幼な子」か。世間で「うぶ毛」というようだが適切でない。綿毛がよいか。
C ちがふ葉の陰にひょっこり鉢蕨         香粒
・「ちがふ葉」曖昧。
C あれつ蕨摘みし歓声きのうのごと         静枝
・実はいつのことなのか、曖昧。
************************************************************************************************************
A 残雪を農事暦に納屋あける         紅舟
・季節の表情は農事に欠かせない情報なのである。
A 五合庵になほ堆し去年の雪       ひぐらし
・越後は国上寺の塔頭の一つで座禅修行空間。良寛が二十年余り住んだ。
B アパートの外に珍し残る雪         蛙星
・なぜ珍しいのか曖昧。
B 残雪や北アルプスの明け渡る       ふうせん
・ステレオタイプというのか、いかにも「北アルプス」らしい点がもの足りず。
B 残雪や野原さまよふ北きつね        ちちろ
・これもありふれた景。発見がほしい。
B 雪形や水車の零すひかりの輪         海星
・「雪形」と「ひかりの輪」は結びつきがあるようで、実は分離してしまった。
B 残雪を朱に藍に染め富士暮れる        美知子
・これも夕富士の一語で片付いてしまう。抒情がほしい。
B 残雪や山を背にする道の駅         偲子
・語法的には「残雪の山を」でしょうね。しかし、そうすると絵葉書で終わってしまう。
C  残雪に唱ふ園児の川堤             梨花
・なにを唱えているか、なぜ川堤なのか不明瞭。
C ものごころに伊吹おろしよ残雪よ          憲
・「ものごころに」がわからなかった。
C クレバスのごとく這ふ跡残る雪         真美
・「クレバス」は「這ふ」のでなく、裂ける(割れる)のではなかろうか。
C 澄みわたりべにの大山残る雪        ミチヨ
・「べにの大山」がわからなかった。オオヤマ、それともダイセン。「べに」は花か。
C 地に花々や残雪の富士そびゆ         由美
・「地に花々や」が熟さない表現。蕪村に「富士ひとつ埋み残して若葉かな」。
C 残雪を一枚剝げば角五つ             直子
・「角五つ」が難解。ツノかカドかスミか。
◆ 兼題バックナンバー
2019年1月 ~ 2021年3月 バックナンバー 鳩ノ会の歴史
2006年7月 ~ 2018年12月 バックナンバー
◆ 会報バックナンバー


このサイトについてサイトポリシー