わくわく題詠鳩の会

◆ 鳩の会について ◆

・芭蕉会議の公式句会です。
・会員ならどなたでも参加できます。
・目的は佳句・悪句の判断力の涵養です。
・奇数月の月末〆切で兼題(二題)が出題されます。兼題一覧と解説を参照してください。会報も御覧ください。
・一題を選び、一句投句してください。
鳩の会への投稿メールアドレスは入会時および芭蕉会議メールにてお送りいたします。

◆ 兼題
※ 兼題は二題、内一題を選び1句を投句して下さい。
2021年5月末日〆切 萍(うきくさ)・父の日 兼題解説
2021年7月末日〆切 蝸牛・青林檎 兼題解説
2021年9月末日〆切 三日月・落花生 兼題解説
2021年11月末日〆切 梟・ボーナス 兼題解説
2022年1月末日〆切 氷柱・金目鯛 兼題解説
2022年3月末日〆切 百千鳥・遠足 兼題解説

鳩の会会報103(令和3年5月末締切分)
兼題 兼題 萍(うきくさ)・父の日
【Advice】萍は「不安定」とか「定めなき世」を本意(まごころ)とする歌語だから、「誘ふ水あらばいなむ」(小町・古今集・雑歌)とか、黒主と小町の歌合事件(謡曲・草紙洗)などは教養として身につけて句作に臨みたい。「目立たない花」「浮遊植物」「強い繁殖力」などもこの季題のイメージだろう。
 「父の日」は季題とされて日が浅いので(戦後にアメリカから移入とか)、本意に価する昇華したイメージはない。すなわち著名句もない。まだ歳時記に立項すべきではなかったと思うほどだ。こういう場合は「感謝の念」という〈まごころ〉を素直に詠む努力を重ねるしか道はない。よって、そこを逸れる表現は一律にC評価とし、コメントは付けなかった。心底を推しはかりくだされば幸い。
 句の評価にABC三つの符合を用いています。その意味するところは以下の通りです。
A:省略が利いて、抒情あきらかな句
B:季感が備わるスケッチ
C:焦点定まらぬつぶやき
A 萍や時が止まったままの今日    エール
・パンデミックの現状を前置きせずとも不安が伝わる句。
A 萍やめぐりめぐつてまた此処に   ふうせん
・自分の人生と萍が重なって美しい句。
A 萍や古城の堀を三味の音と     窓花
・「古城の堀」も「三味の音」も「萍」とまことによく似合う。似合いすぎて古風にみえるのが残念。
B 萍や雨の力をもらふ朝         偲子
・水中植物ゆえ「雨の力」は効果的な配合でない。
B 萍の花とて住めば都かな       ひぐらし
・「萍の花」の所在が今ひとつ曖昧である。
B 舫い舟花萍が通せんぼ         和子
・「舫い舟」なら「通せんぼ」ではない気がする。
B 小風来て浮草割れば白き雲    由紀雄
・水面に映る雲であろう。
B 為すがまま為されるままや根無し草  つゆ草
・「為すがまま為されるままや」という思いが萍に覆い被さり、気が重くなる。もう少し、明るいところを発見したい。
B 萍に置き忘れたる笹の舟         梨花
・岸辺で遊んでいた笹舟が萍にとどまっている景色か。
B うきくさの如く生きてく人の群れ     直子
・萍の本意そのままゆえ、説明的で物足りない。
B 萍の揺れる気配に目をこらす    喜美子
・たしかに、その下にはきっと何かが生きていると思ってしまいますね。
B 浮き草やその日その日のありどころ   光男
・これも、本意そのものゆえ、説明的でもの足りない。
B 萍や濃き緑分け亀動く        ちちろ
・ありそうな景色ではあります。
B いりあひや緑も暮るる根無草      憲
・入相時のありふれた景ゆえ、やや物足りない。
B 萍の空映す水ささなみに         香粒
・焦点が「萍」から逸れてしまった。
B 萍に何かが鳴ける逢魔時         由美
・「逢魔時」という強いことばに「萍」が負けてしまった。
************************************************************************************************************
B 老ヨゼフ父の日の膳に着きたまふ    瑛子
・「父の日」が行事として生活の中に入ったのは1900年代以降のことだから、キリストの時代になじまないが、抒情は生まれている。
B チラシ見て父の日今日と再確認   ミチヨ
・「父の日」と無縁になった日々に、ふと在世のころを偲んだか。
B 父の日や小遣ひあわせハンカチを    美雪
・子どもたちがわずかなお金を持ち寄って、精一杯の感謝を伝える。
B 菊正や父逝きていつも父の日    静枝
・亡き父の好んだ菊正宗とみた。ただし下五が舌足らず。
B 父の日を一度祝ひしことあらん    千年
・現在推量「らん」でよいだろうか。
B 父の日や声の聞きたし写真帳     貴美
・詠嘆「や」と願望「たし」の二箇所で切れている。一箇所にできるはずゆえ挑戦を。
B 父の日や子等ジャンケンの肩車    紅舟
・肩車は父の日に限らないが、甘えることも感謝のカタチ。。
B 父の日は幼き日々の肩車        京子
・「父の日や」か「父の日の幼き日々や」のいずれかにしなければ時間的な位置が定まらない。
C 父の日の父の遺影の厳めしく   ひろし
C 父の日や父らも日々をひたむきに    鹿鳴
C 父の日よよく聞いた島今リゾートよ 美知子
C 父の日のエッセンシャルワーカーに告ぐ 真美
C 父の日や思ひ出すのは母のこと    海星
C 父の日のいつもと同じ善き日あり    蛙星
◆ 兼題バックナンバー
2019年1月 ~ 2021年3月 バックナンバー 鳩ノ会の歴史
2006年7月 ~ 2018年12月 バックナンバー
◆ 会報バックナンバー
   


このサイトについてサイトポリシー