ホーム
「論文を読む会」お知らせ
平成29年 論文を読む会予定表
・1月  
・2月  
・3月 谷地元瑛子 「連句宇宙が見せてくれる愛と言葉」
・4月  
・5月  
・6月  
・7月  
・8月  
・9月  
・11月  
・12月  
◆未定の月及び、変更がある場合はこのサイトに掲示します。詳細はお尋ねください。

「論文を読む会」議事録
2017年
・3月 谷地元瑛子 「連句宇宙が見せてくれる愛と言葉」
2016年
・11月 山崎右稀「ブータンのGNHとはどんなもの?そしてブータンの今」
・9月 伊藤無迅「杉浦明平 「『薄っぺらな城壁』をめぐって」を読む」
・7月 根本文子「正岡子規の連句注解」
・5月 谷地快一「蕪村の嗜好 ―宰鳥から宰鳥へ―」
・3月 根本文子「子規の『俳諧大要』執筆の動機 ―鴎外との出会いをめぐって―」
2015年
・11月 伊藤無迅「鶴見俊輔「限界芸術」から見た俳句」
・7月 根本文子「中川四明著『俳諧美学』と写生」
・3月 伊藤無迅「長谷部文孝『消された俳句ー第二芸術論争の空白』を読む」
2014年
・11月 荒井奈津美『去来抄』論―卒業論文に向けた調査報告―
・5月 眞杉泰輝『花屋日記』が描いた芭蕉
・9月 安居正浩 芭蕉の俳文『紙衾の記』を読む
・3月 根本文子「中川四明と『ホトトギス』」
2013年
・11月 江田浩司「玉城徹の芭蕉理解」
・9月 伊藤無迅「明治人の俳諧への郷愁−国男と寅彦の場合」
・7月 安居正浩「芭蕉と西鶴」
芭蕉会議の集い実施報告
第10期
第10回 芭蕉会議の集い
「鵜の岬吟行/たしなみ句会様との合同句会」
講演録へ >>
第9期
第9回 芭蕉会議の集い
会員に参加希望者を募り、神保町「なにわ」で連句を巻く。
神保町連句録へ>>
第8期
第8回 芭蕉会議の集い
会員に参加希望者を募り、北茨木五浦で一泊の吟行を行う。
五浦吟行録へ>>
第7期
第7回 芭蕉会議の集い
会員に参加希望者を募り、霞ヶ浦湖畔で一泊の吟行を行う。
高浜吟行録へ >>
第6期
第六回 芭蕉会議の集い講演録
講演録へ >>
第5期
第五回 芭蕉会議の集い講演録
講演録へ >>
第4期
第四回 芭蕉会議の集い講演録
講演録へ >>
第3期
講演「朔太郎と蕪村」(安保博史氏)を聞いて
講演録へ >>
第2
記録集『国際俳句シンポジウム「不易流行」』を読む
講演録へ >>
第1期
講演「詩が生まれ出る時―他者の力学」(宮脇真彦氏)を聞いて
講演録へ >>
白山問答

学術的、専門的な議論を深める場として活用し、芭蕉会議の共有財産として、知見を蓄積していきましょう。会員以外の方も投稿可。

参考図書室
浜 田 真 由 美
伊 藤 無 迅
安 居 正 浩
伊 藤 無 迅
安 居 正 浩
市 川 千 年
伊 藤 無 迅
安 居 正 浩
安 居 正 浩
谷 地 元 瑛 子
安 居 正 浩
市 川 千 年
市 川 千 年
伊 藤 無 迅
安 居 正 浩
堀 口 希 望
谷 地 元 瑛 子
谷 地 元 瑛 子
伊 藤 無 迅
丹 野 宏 美
紅 谷 愛
安 居 正 浩
安 居 正 浩
堀 口 希 望
安 居 正 浩
伊 藤 無 迅
淺 海 一 郎
梅 田 ひろし
江 田 浩 司
安 居 正 浩
安 居 正 浩
安 池 智 春
中 里 郁 恵
安 居 正 浩
堀 口 希 望
安 居 正 浩
谷 地 快 一
谷 地 快 一
谷 地 快 一