ホーム
今月の芭蕉会議

◆ 11月の芭蕉会議

◆「蕪村生誕300年記念脇起し連句(冬の部)」興行開始のご案内
今春より続いている「蕪村生誕300年記念連句興行」の(冬の部)」を近々再開します。
・予定していた捌は都合により堀口希望さんから市川千年さんに代わります。
・開始日や実施要領については、「会員フォーラム」、および「白山連句会」の専用掲示板の方で都度案内をします。


◆論文を読む会のご案内
◆ 発表テーマ 「ブータンのGNHとはどんなもの?そしてブータンの今」
*GNHとはGross National Happinessの略で日本語では「国民総幸福量」
または「国民総幸福感」と訳され「国民全体の幸福度」を示す“尺度”を指します。
精神面での豊かさを「値」として、ある国の国民の社会・文化生活を国際社会の中で評価・比較・考察することを目的としている。
特徴は、国民総生産 ( GNP) や国内総生産 (GDP) との大きな違いである。つまり、GNPまたはGDPが、或る国の社会全体の経済的生産及び物質主義的な側面での「豊かさ」だけに注目し、その国の国民生活を数値化、つまり「金額」として表現していることを批判するものである。(ウィキペディアより)
◆ 発表者 山崎右稀
◆ 日  平成28年11月12日(土)、14時30分〜17時
◆ 場  東洋大学白山校舎6号館 谷地教授研究室
◆ 概  最近、ブータン国を訪問して来た山崎右稀さんから、
・ブータン国の概要(人口、産業など)
・歴史と文化(GNHなどについて)
・一般国民の生活
・経済政策
などを、写真をまじえてお話ししてもらいます。
*なお、当日はレジメ内容に変更の可能性があります、予めご了承ください。
◆ その他 終了後、周辺の店で軽い懇親会を行います。 


「今月の芭蕉会議」トップへ戻る